文化継承の意味が込めれてる?

初詣を毎年のように行うことには深い意味があり、文化継承のためにも役立っています。科学万能の時代になっても、神仏を信仰する文化は廃れることがありません。不景気となれば商業施設へ訪れる客は減る傾向にありますが、初詣の参拝者数は逆に増えることがほとんどです。厳しい時代であれば、誰でも神仏の御利益にすがりたいと思うものです。

神道にしても仏教にしても歴史は古いものです。初詣の習慣が特に活発に行われるようになったのは江戸時代以降のことですが、現代に至るまで文化継承が行われてきたため、貴重な風物詩として残っています。年明けの寸前から除夜の鐘を鳴らし始めるのは、108の数の煩悩を打ち消すためです。除夜の鐘が聞こえるようになれば、人々は自宅近くにある神社や寺院へ向かって出発して、初詣の参拝を済ませるのが古くからの習わしです。有名な神社や寺院へ行く前には、地元の鎮守となっている神社仏閣で参拝を済ませるのが最低限の礼儀です。

農業が盛んな地域では、初詣で五穀豊穣を祈願する習わしが古くからあります。米や麦が豊作になることは農家の生活にとっては極めて重要なことですから、神社で五穀豊穣を祈願するのは切実なことでもあります。水や太陽などを司る神々を祀る神社に参拝をして、水や晴天にも恵まれるように祈願をすることもあります。御利益を得たときには、感謝のために再び参拝をするのも大切な風習です。

初詣で引くことが多いおみくじも、日本の伝統文化の一つです。昔から日本人は占いが好きであるため、神社や寺院では昔からおみくじが用意されていました。おみくじを引くことで1年の吉凶を占うことができますが、占いの対象は様々です。恋愛がうまくいくかどうかを占ってみたり、新年の農作物が豊作になるかどうかを占うこともあります。引いたおみくじは、神社の境内にある木などに結びつけます。おみくじの結果に関係なく、木に結びつけることで神様と縁を結ぶことになるため、凶を引いてしまっても良いことがあるとされています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>