参拝方法が合っているかは

日本人ならば、一度はお正月に初詣に行ったことがありますよね。

でも、実際のところ、初詣って参拝の方法が合ってるかどうか、いまさら人にきくのも恥ずかしいものです。

神社は、そもそも神様がいらっしゃるところで、どんな神社かによって、得意とする分野もちがいます。
学問ならば菅原道真の天満宮、商売繁盛や、農業繁盛もその専門の神様がいらっしゃるのですよ。

神社には最初に鳥居があります。あれは、私たちが住んでいる外界と、神様が住んでいらっしゃる聖域を分けるための玄関のようなものです。そのため、鳥居の前に立ったら、一度軽く一礼をします。
そして、意外と知られていないのが、参道を歩くところ。参道は神様が通る道なので、中央は歩いてはいけないのです。私たちが歩くときは、参道のすみっこの方を歩くようにしましょう。

そして、鳥居をくぐったら、手水舎というところで、手と口をゆすぎます。ここで心と身を浄めましょう。
浄めたらいよいよ、お参りですが、正しい方法は、二礼二拍手一礼です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>