初詣にもマナーがあったの知ってる?

4eb97d63d693867927029ce540eb53a5_m

新しい年を迎える新年には様々なイベントが有りますし、初詣もその一つになります。
初詣にもルールやマナーがありますから、正しい方法を覚えて新年を迎える事が大切です。

新年に行う事はその年の1年間にとっても大切で、間違わない事が肝心なのです。

マナーを覚えて行う初詣の方法とは、基本的には1月の7日までに済ませる事が一つ目のマナーです。
関西では15日までが松の内とされていて、門松である松飾りを飾る期間となります。
全国的なイベントでも地域によって期間は違いますから、家族や親戚に確認する事が大切です。

人の数が多く流れがあると立ち止まる事は難しいですが、初詣のマナーとしては鳥居をくぐる前に一礼を行う事になっています。鳥居は外界との境界線とされていますから、鳥居の内側である聖域に入る前に神や仏に挨拶をします。

手水舎は手や口を清める為に使う場所で、一礼をしてから右手で柄杓を取り手水をすくうのが作法です。
左手を最初に清めてから柄杓を持ち替えて、今度は右手を同じように清めます。
更にもう一度柄杓を持ち替え左手の手のひらに水を溜め、柄杓には口をつけずに水を口に含みます。
音を立てない様に気をつけながら口をすすぎ清めた後で、口元を左手で隠して水を吐き出します。

最後に左手をもう一度清めて柄の首の部分を片手で持ち上げ、傾けて残った水が柄を洗う様にするのが一連の流れです。柄杓を戻す時には音に気をつけて静かに戻し、一礼をして終わるのが手水舎での行為となります。

初詣のメインイベントである参拝は間違う事が多いですから、正しい方法を身につける事が特に大切です。

神前は神様が通る道とされている場所になるので、中央部分は避ける様に通り拝殿の正面へ向かいます。
拝殿の正面に立ちで軽く会釈を行ってから、硬貨をお賽銭に投入して鈴を1回だけ静かに鳴らします。
お参りは2回のおじぎと2回の拍手を打ってから、最後に1回おじぎをする二礼二拍一礼と覚えると間違い難いのです。

この方法は神社で行う作法のマナーなので、お寺の場合は合掌で行う事に注意が必要となります。
二礼二拍一礼は地方によってもマナーが変わる事はありますから、お参りを行う前に確認が求められます。

人が多く混雑する時間帯は移動によるトラブルを起こさない様に気をつけ、初詣のマナーを守る事で新年のスタートになります。何事も最初が肝心で心構えも必要ですから、初詣を行う前にはルールを覚えてマナーを守り行う事で正しく行えるのです。

ブックマーク

イベントグッズや縁日用品の〔販促ZERO〕
会社のイベントや町内会のお祭りも

NYダウ 予想
NYダウの現在値と予想値がすぐわかる

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>